一般的なこと

backup.php

2014年10月15日

SVNリビジョン334以降(もしくは、ver 1.0以降)のJeans CMSには、SQLiteデーターベースの内容をテキストファイルとして取得する機能があります。セキュリティーを考えて、デフォルトではこの機能が使えないようになっていますので、サイトの移転などで必要な場合は、以下の説明に従って利用して下さい。

まず、Jeans CMSをインストールしているディレクトリ(config.phpのあるディレクトリ)に、以下の内容でbackup.phpファイルを準備します。
<?php
define('_CONF_SELF',basename(__FILE__));
require(dirname(__FILE__).'/config.php');
if (member::is_admin()) view::parse_skin('/admin/backup.inc');

次に、管理者権限でJeans CMSにログインし、作成したbackup.phpに、ブラウザからアクセスします。

これで、SQLiteデーターベースの内容を含むテキストファイルが表示されるはずです。この内容は、管理画面の「データベース」に於いて、「クエリー」のテキストボックスにペーストして実行することが出来ます。

コメント

コメントはありません

コメント送信