一般的なこと

エラー処理

2010年6月2日

以前のバージョンまでは、デバッグモードにすると、不正アクセスがある場合にどこでエラーが出たかなどの詳細情報が表示されていました。これでは、不正アクセスをしてきた相手に知られたくない情報まで与えてしまいます。

そこで、SVN205では、デバッグモード(_CONF_DEBUG_MODE)として、管理者がアクセスした時だけ、エラーの詳細情報を表示するモードを追加しました。config.phpで、_CONF_DEBUG_MODEにadminを指定すると、このようになります。デフォルトでこの設定にしました。この場合、エラーが出た場合は最小限の情報だけ表示するようになります。

コメント

コメントはありません

コメント送信