一般的なこと

現在のSVNバージョンの試用について

2010年1月12日

現在のバージョンは、インストーラが入っています。もし、以前のバージョンのJeansをインストールしてあった場合、以前のバージョンのファイルは、SQLiteのDBファイルも含めて、すべて削除してから入れ直していただいた方が良いです。SQLのテーブルの構造などを見直して変更したりする事が多いので、こういう形になります。

β版の配布までは、こういった状況が続くと思います。それでも、Jeans CMSをいきなり実用で使ってみたいという奇異な方は(多分いらっしゃらないと思いますが)、バージョンアップの際にこちらの記事を参考にして、DBデータを保存しておき、新しいバージョンのJeansを入れ直した後に、保存したデータを管理画面のDatabaseのところで復帰させる事が必要です。このサイトでは、そういう方法を用いてバージョンアップを行っています。ただし、現時点で既に、先に取り上げた記事の内容がそのまま使える訳でなく、ダウンロードしたDBファイルを若干修正しないといけません。かなりややこしい作業になります。

β版から後は、スムーズにバージョンアップができるように運営するつもりです。

コメント

コメントはありません

コメント送信