My Jeans CMS:2014年 10月の記事

Jeans CMS ver 1.0.0を公開しました [My Jeans CMS]

2014年10月20日

Jeans CMS ver 1.0.0を公開しました。Souceforge.jpのダウンロードページからダウンロードできます。
https://sourceforge.jp/projects/jeanscms/releases/

ver 0.9.6からのアップグレードの場合は、「jeans」 「skins」の2つのフォルダを上書きし、先の2つの記事「バージョン0.9から1.0に移行する際の注意」と「ver 1.0でのもう一つの変更点」を参考にして、SQLテーブルの修正を行なって下さい。

ver 1.0.0では、PHP5.2, PHP5.3, PHP5.4に対応できることを確認済みです。また、アルファーバージョンからベーターバージョンに移行致しました。

ver 0.9.6からの変更点については、SVN リビジョン293-352のコミット一覧を参照して下さい。
https://sourceforge.jp/projects/jeanscms/scm/svn/commits

ver 1.0でのもう一つの変更点 [一般的なこと]

2014年10月17日

ver 0.9では、データーベースのSQLテーブルの定義にミスタイプがあります。ミスタイプがあっても、ほとんどのケースで問題なく動作しますが、もし問題があるようなら、次の事を試してみて下さい。

・管理画面で「データベース」を選択
・「テーブルリストを表示」を選択
・「jeans_binary」と表示されている少し右をクリック
・「CREATE TABLE jeans_binary ( …name TEXT NOR NULL…」を確認(name TEXT NOT NULLの間違い)
・「.htdbsqlite」の「backup」を取っておく(画面左上のボタン)
・以下のスクリプトをコピーし、クエリー窓にペーストし、「クエリーを実行」をクリック
・「バキューム」をクリック

ALTER TABLE jeans_binary RENAME TO jeans_tmp;
CREATE TABLE jeans_binary ( id INTEGER NOT NULL PRIMARY KEY, type TEXT NOT NULL DEFAULT 'media', name TEXT NOT NULL, contextid INTEGER NOT NULL DEFAULT '0', bindata BLOB NOT NULL, binsize INTEGER NOT NULL, time TEXT NOT NULL DEFAULT '1970-01-01 00:00:00', mime TEXT NOT NULL, flags INTEGER NOT NULL DEFAULT '0', xml TEXT NOT NULL DEFAULT '<?xml version="1.0"?><xml></xml>' , owner TEXT NOT NULL DEFAULT 'jeans');
INSERT INTO jeans_binary (id, type, name, contextid, bindata, binsize, time, mime, flags, xml, owner) SELECT id, type, name, contextid, bindata, binsize, time, mime, flags, xml, owner FROM jeans_tmp;
DROP TABLE jeans_tmp;
CREATE UNIQUE INDEX jeans_binary_uniquekey ON jeans_binary (type,name,contextid,owner);

バージョン0.9から1.0に移行する際の注意 [一般的なこと]

2014年10月17日

バージョン0.9から1.0に移行する際は、管理画面のデータベースを選択し、「クエリー」窓に次のスクリプトを入力した後に、「クエリーを実行」ボタンを押して下さい。

DROP INDEX jeans_binary_uniquekey;
CREATE UNIQUE INDEX jeans_binary_uniquekey ON jeans_binary (type,name,contextid,owner);
INSERT INTO jeans_config_desc (name, desc, type, defvalue, extra, configtype, owner, sequence) VALUES ('THUMBNAIL_SIZE', '_ADMIN_CONF_THUMBNAIL_SIZE', 'text', '240', 'numeric', 'global', 'jeans', '270');
INSERT INTO jeans_config_desc (name, desc, type, defvalue, extra, configtype, owner, sequence) VALUES ('THUMBNAIL_VIEW_SIZE', '_ADMIN_CONF_THUMBNAIL_VIEW_SIZE', 'text', '120', 'numeric', 'global', 'jeans', '271');
INSERT INTO jeans_config_desc (name, desc, type, defvalue, extra, configtype, owner, sequence) VALUES ('THUMBNAIL_ADMIN_SIZE', '_ADMIN_CONF_THUMBNAIL_ADMIN_SIZE', 'text', '80', 'numeric', 'global', 'jeans', '272');
INSERT INTO jeans_config(type,owner,name,contextid,value) VALUES ('global', 'jeans', 'THUMBNAIL_SIZE', '0', '240');
INSERT INTO jeans_config(type,owner,name,contextid,value) VALUES ('global', 'jeans', 'THUMBNAIL_VIEW_SIZE', '0', '120');
INSERT INTO jeans_config(type,owner,name,contextid,value) VALUES ('global', 'jeans', 'THUMBNAIL_ADMIN_SIZE', '0', '80');

続けて、バージョン1.0のファイルのうち、「jeans」と「skins」の2つのフォルダを上書きでアップロードします。

backup.php [一般的なこと]

2014年10月15日

SVNリビジョン334以降(もしくは、ver 1.0以降)のJeans CMSには、SQLiteデーターベースの内容をテキストファイルとして取得する機能があります。セキュリティーを考えて、デフォルトではこの機能が使えないようになっていますので、サイトの移転などで必要な場合は、以下の説明に従って利用して下さい。

まず、Jeans CMSをインストールしているディレクトリ(config.phpのあるディレクトリ)に、以下の内容でbackup.phpファイルを準備します。
<?php
define('_CONF_SELF',basename(__FILE__));
require(dirname(__FILE__).'/config.php');
if (member::is_admin()) view::parse_skin('/admin/backup.inc');

次に、管理者権限でJeans CMSにログインし、作成したbackup.phpに、ブラウザからアクセスします。

これで、SQLiteデーターベースの内容を含むテキストファイルが表示されるはずです。この内容は、管理画面の「データベース」に於いて、「クエリー」のテキストボックスにペーストして実行することが出来ます。