My Jeans CMS:2010年 05月の記事

imagepopupに対応 [一般的なこと]

2010年5月31日

とりあえず、imagepopupに対応しました。この機能については、例えばlightboxなどの代替手段があるのですが、そこはプラグインに譲ることにして、Jeans本体では簡単に済ませることにします。ただ、スキンを少し書き換えるだけでlightboxなどに簡単に対応できるようにできたらいいなと思いますので、そのあたりはアイデアいただけたら嬉しいです。

ポップアップする際のURLは、次のようにします。

DB保存の画像の場合の例
?imagepopup=db&image_path=1-2010-05-30-test.jpg&alt_text=説明文
スキンディレクトリに保存されたメディアの場合の例
?imagepopup=skin&image_path=media/1/2010-05-30-test.jpg&alt_text=説明文

これに伴い、デフォルトの記事編集画面に、ポップアップ画像を挿入するためのボタンを追加しました。このあたりのインターフェースを、Nucleusから少し変更しています。記事編集のためのプラグインと、メディアマネージメントプラグインにうまく対応させるためです。

また、画像をDBではなくファイルとして直接保存する場合、skins/media/ディレクトリに保存することを規約としました。mediaディレクトリをskinsディレクトリの中に包括することで、SkinFilesなどのプラグインでの管理ができるようになることを狙っています。jp_SkinFilesには、アップロードしたファイルを記事に挿入するための機能を持たせる予定です。このプラグインの使用は、管理者限定です。デフォルトで行える画像のDB保存は、管理者でないメンバーでも行えます。

Nucleusからの移行 [一般的なこと]

2010年5月30日

NucleusからデータをエクスポートしてJeansに取り込むための、Nucleus用のプラグインを書いてみました。ソースコードはこの記事の最後のほうに挙げておきます。

方法
1)Jeans CMSを、どこかにインストールする。
2)Jeans CMSにおけるメンバーを、Nucleus CMSのメンバーと同じに設定する。注意点としては、JeansでのメンバーIDと名前を、NucleusでのメンバーIDと本名に合わせること。ログイン名(表示される名前)は異なっていてもかまわない。
3)Nucleusに、NP_Export4Jeans(後述)をインストールする。
4)NP_Export4Jeansのプラグインオプション編集画面に入り、Index URLとMedia URLを設定する。通常、Index URLにはJeansをインストールしたURLを、Media URLにはJeansのスキンURL内のmediaディレクトリ(skins/media/)を選択する。
5)プラグインオプション編集画面内の、「Export」をクリックする。
6)ブラウザの別ウィンドウ(もしくは、タブ)内でJeans CMSの管理画面に入り(管理者でのログインが必要)、「データベース」のページに入る。
7)上の5で表示された内容を、「クエリー」窓にペーストし、「クエリーを実行」を押す。
8)メディアファイルを、skins/media/に移動もしくはコピーする。

以上です。あとは、Jeans CMSの管理画面内で、細かな修正を行ってください。

複数メンバーでの管理が可能に [一般的なこと]

2010年5月29日

SVN199にて、複数メンバーによるJeansの運営が可能になりました。管理ページの「メンバー管理」にて、新規メンバーの登録が行えます。

メンバーの権限は二種類。管理者と非管理者です。管理者は、当然ながらJeansのすべての機能が使えます。非管理者が行えるのは、メンバーとしてのコメントの追加・編集とメディアのアップロード(Jeans本体に搭載の機能を使った場合)です。

非管理者は、記事を書くことはできません。これは、Jeansにおける記事にはhtmlタグやJavaScriptを含むコードを含めることができるからです。スキンの設定によっては、記事にPHPコードを書いて実行させることもできます。非管理者メンバーにこれらのコードの実行権限を与えるような仕様にはできませんので、記事の追加を禁止しました。

ですので、非管理者に記事を書かせるためには、そのためのプラグインを別途用意することになります。BBcodeやMarkupなどを用いて安全なhtmlタグだけを挿入できるようなものを用意すればよいかと思います。